無塵工法で工場屋根リフォーム

工場屋根のリフォーム工事を頂きました。

ありがとうございます<m(__)m>

今回は、無塵工法(むじんこうほう)という、施工方法でリフォームさせて頂く事になりました。

既存の屋根材を残したまま、新しい屋根材を施工していくのですが、

まずは、上の写真にもあります、新しい屋根材を固定するためのC型鋼を設置していきます。

ここでポイントなのが、既存の屋根材には穴を開けません‼

専用の無塵金具で固定していくのですが、

既存のフックボルトに金具を取り付ける為、

穴を開けずに新しいC型鋼を固定することができるのです。

工期の短縮にも繋がり、施工費の削減にもなります。

素晴らしい発明です✨

そしてそして、穴を開けずに済むことで、

工場内に切り粉などが発生しないので

工場の作業を止めることなく施工できます。

この時点で、メリットたくさんです(*^^*)

こちらの写真、何か茶色いモサモサしたものが敷いてありますが…

こちらは、グラスウールという断熱材になります。

屋根と屋根の間に断熱材を入れる事で、断熱性、遮音性を高めます。

地球温暖化が進む一方、断熱性は欠かせないものとなると思います。断熱性が高まる事で、従業員様に優しく、

エアコン代などの光熱費を削減できるので、

経営者様にとっても、優し~い施工方法です。

そして、その上に新しい屋根材を施工していきます。

本日完工予定でございます(*^^*)

仕上がりの方は…施工事例でご紹介いたします(*^^*)

今回お仕事をくださいました施主様、本当にありがとうございました<m(__)m>